« 焼肉サラダうどん | トップページ | ピカソの長~いフルネーム »

2006年9月 6日 (水)

私の頭の中の消しゴム

私の頭の中の消しゴム 私の頭の中の消しゴム

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

良かったぁ。

泣きました( p_q)エ-ン

若年性アルツハイマーにかかってしまった女性と、それを支える旦那様の物語です。

数年前、日本でも同じようなドラマを永作博美さんがやってましたよね。

実際、現実に若年性アルツハイマーの発症ってどれくらい症例があるんでしょう?

とはいうものの、

じゃあ、

何歳でアルツハイマーになれば

本人は、

家族は、

諦めがつくのでしょう?

あまりにも哀しいお話でした。

『肉体より先に魂が死んでいく』

自分が自分でなくなっていくことを予告されて、

人はどう生きれば良いのか?

愛する人が自分を忘れていくことを宣告されて、

家族はどう接すればいいのか?

重いテーマながら誰にでも起こりうる問題なのかもしれません。

ソン・イェジンの透明感溢れる笑顔と、チョン・ウソンのワイルドさと繊細さを合わせ持った演技が印象的でした。

たん、お勧めの一本です。

|

« 焼肉サラダうどん | トップページ | ピカソの長~いフルネーム »

コメント

おはようございますー。

これは今まで観た映画の中で一番水分を放出しました。
すごかったー。
つか、これ永作さんのドラマのリメイクですよー。

祖母がアルツだったのですが、
わかってる時とわかってない時がある事を
自分でわかってる頃があって
その頃の事を思い出したり
やっぱり死んじゃう事とかとも重ね合わせると
それはそれは恐ろしい事だろうと思いました。

ソン・イェジンちゃんの演技もすごいです。
可愛いし清楚だし、で、演技派ですよね。
ウソンくんは最高にかっこいいですよねー。

投稿: sarara | 2006年9月 7日 (木) 10時03分

>sararaさん
あー、やっぱりあれのリメイクだったんですね。だってやっぱり同じようなシーンで泣いちゃったから。永作ちゃんといい、ソン・イェジュンちゃんといい、あのウルウルクリクリな瞳が素敵ですね。透明感があって。
ウソンさんは私の中では初お目見えでした。福山さん似のイイ男☆(*´ェ`*)ポッ
ハマっちゃいそうです(照)

投稿: たん | 2006年9月 7日 (木) 19時15分

この映画見たことあります!泣きました・・。そして、「ひめがこうなったら、旦那さんはそれでも傍にいてくれるかな??」なんてことを考えてしまいました。

でも、特に海外に出てからは、健康でいること、そして、日本にいるみんなの健康が心配です。すぐに駆けつけれる距離ではないので・・。

なので、たんちゃんも健康でいてくださいね!

投稿: ひめ | 2006年9月 8日 (金) 01時58分

>ひめさん

(-ω-;)ウーン。
ひめもたんも結構「天然ボケ」と言われる類に属しているので、うちらと結婚したからには多少旦那側にも免疫が出来てるとは思うのだけど。。。(笑)
いや、でも、私も結婚前に考えたよ!
「私が一生車椅子になってもこの人は傍にいてくれるだろうか」とか、「将来旦那が寝たきりになった時に私はシモの世話も出来るだろうか」とか(^▽^;)
ま、健康なうちにお互い恩を売っときましょう(笑)

投稿: たん | 2006年9月 8日 (金) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34350/3344245

この記事へのトラックバック一覧です: 私の頭の中の消しゴム:

« 焼肉サラダうどん | トップページ | ピカソの長~いフルネーム »