« サンタがくれたおほしさま Ⅸ | トップページ | 見にくいよねー、そうだよねー。 »

2006年12月14日 (木)

サンタがくれたおほしさま Ⅹ

.

.

ゆうくんは大きい箱を抱えながら、まみちゃんちに向かっていました。

まみちゃんの家はゆうくんのお友だちのじゅんくんちのすぐ近く。

きっとすぐ分かるはずです。

.

“今日からお友だちになろう。

それで次のクリスマスまでまみちゃんがさびしくないように毎日一緒に遊ぶんだ”

.

ゆうくんは今日ひとつ大人になったようです。

.

え?誕生日だったのかって?

そうね、そんなものかも。

.

たぶんサンタさんのソリから落ちたおほしさまのひとつが、ゆうくんの心に落ちて“おもいやり”になったのでしょう。

だから今日は優しさが生まれたお誕生日になるのでしょうね。

.

.

ゆうくんは、初めて会って最初に何と言ったらいいのか考えがまとまらないうちにまみちゃんちのドアのチャイムを鳴らすのでした。

.

.

.

     

   おわり 

|

« サンタがくれたおほしさま Ⅸ | トップページ | 見にくいよねー、そうだよねー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34350/4534326

この記事へのトラックバック一覧です: サンタがくれたおほしさま Ⅹ:

« サンタがくれたおほしさま Ⅸ | トップページ | 見にくいよねー、そうだよねー。 »