« サンタがくれたおほしさま Ⅱ | トップページ | サンタがくれたおほしさま Ⅳ »

2006年12月13日 (水)

サンタがくれたおほしさま Ⅲ

「サンタさん、ちゃんとラジコン持ってきてくれるかなぁ。もしかしたら僕んちより先に行った家の子にあげて、もうないかもしれないな。

そしたら空を飛ばせてもらおう。サンタさんのソリに乗せてもらおう。

そうだ、それがいい。僕って頭いいな。さすがだな」

でも、サンタさんは良い子にして眠っている子の家にしか来てくれません。

ゆうくんは寝たふりをして待つことにしました。

「おお、よく眠ってるぞ。

さぁて、この子のプレゼントは何にするかな」

ゆうくんが今夜だけカギを明けていた窓から、サンタさんが顔をのぞかせています。

 

よっこいしょ。

ちょっと太りぎみのサンタさんは窓から入るのもたいへん。

「ああ、いそがしい、いそがしい。

本当に夜が明けるまでに良い子の家を全部まわれるのだろうか」

|

« サンタがくれたおほしさま Ⅱ | トップページ | サンタがくれたおほしさま Ⅳ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34350/4533972

この記事へのトラックバック一覧です: サンタがくれたおほしさま Ⅲ:

« サンタがくれたおほしさま Ⅱ | トップページ | サンタがくれたおほしさま Ⅳ »